涙もろいのは……

カルメン・マキ×鬼怒無月DUOのライブ演奏を聴きにいく。
カルメン・マキといえば『時には母のない子のように』と、そこからグルッと方向転換したOZを、昔、聴いたことがある。
たまたま最近よく聞きにいっている若手ミュージシャンがゲストに出るので出掛けてみた。鬼怒無月のギターもかっこよくて好きだし。

カルメン・マキ、存在感ある。日本語の歌をちゃんと聴くのは久しぶり。歌詞の中に港や人魚が多く出てくる。一緒に聴きに行った友が「演劇のにおいがする」と。同意。カルメン・マキの公式サイトで、彼女はもともと寺山修司の劇団出身であったことを改めて知る。

意表をつかれた。昔よく聴いた『かもめ』を歌われてしまった。たまらなくてちょちょ切れ。そしてアンコールに、もはや歌わないと思っていた『時には母のない子のように』。油断してた。しかし彼女はこの歌をさらりと歌った(ように聴こえた)。歌詞を英語にしたり、間に『サマータイム』をはさみながら(多分)。一時、この歌を歌うのを拒否してたはず。

ちょちょ切れるたびにここを更新しているが、最近週刊誌で読んで、ちょっとショックだったこと。「涙もろい」というのは感性が豊かだとか言われがちだが、実は単に前頭葉の機能が低下しているということなんだそうな。ボケの話の中で、医学博士が言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

占い/アロマ

心理テスト 心模様編」 今回のテーマ「あなたの知らない本当の自分」というのをやってみた。

私の知らない私は、「一見、クール。でも実は情熱家タイプ」。ほー。そんな私へ「おすすめのラッキーグッズ」は、バスオイル。

バスオイルといえば、先日、待ち合わせ場所に少し早めに着いてしまったので、ぶらりと近くの店(フォレストクラブ)を冷やかしに入って、エッセンシャルオイル「吉野ひのき」と「青森ひば」を買ってしまった(2つ買うと割安だったのだ)。「吉野ひのき」は、ファン式芳香器で香りを飛ばしている。思わず深呼吸。 「青森ひば」はちょっとクセのある香りだけれども、バスオイルとして使うと、新陳代謝を促したり、浴室の壁の防カビ効果もあるらしい。浴槽に数滴たらすだけなので、クセのある香りもほどよく薄まって、いい感じ。はぁ~。

んで、占いをもう1つ。「野生の王国!サバンナ占い
ほとんど関連性なく、ただ語呂が似ているというだけで「ダラムサラ」(ダライラマの亡命先@インド)と答えたら、「太りすぎて溺れかけてるカバさん!」と出た。「ボクはバカなカバだから」くらいの勢いの謙虚さとユーモアを身につけるんだぞ! とのこと。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)